車の修復歴によるマイナス査定の相場は?

車の査定で修復歴ありはいくら減額される?

中古車を査定する上で、マイナス査定が大きくなる要因として一番影響するのが、「修復歴あり車」です。「事故車」とも言います。

修復歴ありの定義は、細かく見ると色々ありすぎるので、以下の点だけ紹介します。

車をぶつけたけど直してないから修復歴じゃない → ×

これは、車買取の世界では間違った解釈です。修復歴ありに該当する部分に衝撃が入りダメージを受ければ、直していなくても修復歴になって、査定では大きなマイナスになります。

少しぶつかった程度なので修復歴車(事故車じゃない)→ △

例えばバンパーの表面を少しこすった程度なら、修復歴には該当しません。しかし電柱などにバンパーをぶつけて、中の骨格まで衝撃が入ってダメージを受けると「修復歴あり」「事故車」となります。

バンパーはへこんでも戻る性質なので、見た目は塗装にダメージが入る程度かもしれません。しかし押されたのであれば、中の骨格までダメージを負っている可能性があるので、「軽く電柱にぶつけた程度なので事故車ではない」とは言い切れません。

ちなみに以下の、(1)~(8)のいずれかを修正するか、(9)を交換した車が修復歴車となります。

ドアが凹んだ、ドアを交換した、いたずらでボンネットにらくがきキズを付けられたので交換した、などは上記の骨格に該当しないので修復歴には入りません。

 

修復歴あり車のマイナス査定金額の相場は?

では実際に修復歴ありの中古車はどの位マイナス査定されて、減額されるのか?特定の車種を例に挙げて見てみましょう。

買取相場の価格帯 マイナス査定の相場
トヨタハリアー(買取相場240~290万) 30~50万円
トヨタクラウンハイブリッド(買取相場200~300万) 30~50万円
トヨタカローラアクシオ(買取相場200~300万) 20~30万円
トヨタSAI(買取相場150~200万) 50万円
トヨタポルテ/スペイド(買取相場70~120万) 30~40万円
トヨタ86(買取相場140~210万) 50万円以上
レクサスCT(買取相場180~230万) 30万円
レクサスIS(買取相場200~380万) 50~100万円
日産ノート(買取相場50~100万) 20~30万円
ホンダフィット1.3(買取相場50~100万) 10万円
ホンダバモス(買取相場60~100万) 20~30万円
ホンダNONE(買取相場60~110万) 20万円
ホンダアコードハイブリッド(買取相場150~200万) 30万円
マツダデミオ(買取相場40~90万) 20万円
三菱eKワゴン(買取相場50~70万) 10万円
スバルXV、XVハイブリッド(買取相場150万~200万) 30~50万円
スバルレガシィツーリングワゴン(買取相場150~200万) 40万円
スバルレガシィB4(買取相場120~170万) 50万円以上
スバルレヴォーグ(買取相場200~270万) 30~50万円
スズキソリオ(買取相場60~110万) 30~50万円
ダイハツミライース(買取相場40~80万) 20万円

新車から3年落ち3万キロ平均の買取相場です。

一部車種を引き合いに出して、修復歴ありの場合に減額されるおおよその金額を出してみました。

国内相場に大きく左右される車種は、修復歴によるマイナス査定の影響が大きくなり、減額される金額も多くなります。これは修復歴車=事故車としてのイメージが強いため、日本人が好まないので、買取相場に影響が強く出てしまいます。

 

しかし海外に需要があって輸出相場に強い車種は、修復歴ありでも減額幅が少なくなるケースもあります。海外なら普通に乗れる状態なら修復歴にはこだわらない需要があるので、国内相場ほど修復歴に影響されなくなります。

とは言え、修復歴なしが条件の輸出相場もあるので、車種や輸出先の国によっても条件が変わってきてしまいます。

 

上記は新車から3年経過・3万キロ時点の相場で出しているので、これが7年、8年、10年と経過年数が増える事で買取相場も下がってくるので、修復歴による影響が少なくなり、減額幅も少なくなる傾向です。

ざっくりとですが、修復歴あり車両になると軽自動車で20万円、普通車で30~50万円ほど減額になるイメージです。

修復歴によるマイナス査定の影響はやはり大きいので、注意して運転したいですね。

 

PAGE TOP