車検残は車買取においてプラス査定になるのか?

車検残でプラスになる車買取金額はいくら?

車検が残っている状態で車を売ると、その分プラス査定が期待できます。ではいくら買取金額にプラスされるのかは、その車両によって異なります。

共通して言えるのは、車検を取ったばかりで売ったとしても、車検に掛かった費用が丸々上乗せにはなりません

例えば車検を通すのに10万掛かったとして、翌日に売ったとしましょう。車検がない状態で100万円価値がある車両として買取金額が110万円にはなりません。

これはタイヤを新品にしたり、オイルを交換したり、ボコボコの外装をきれいに修理したとしても、そこで掛かった費用がそのまま買取金額にプラスされないのと一緒です。

さらに、車両そのものの価値がなければ、車検が残っていてもプラス査定にはなりません。

車両の価値が2万円だとして、車検を通すのに15万掛かったとしても、「車検が残っているからプラスにしましょう」とはならないのです。

買取相場が残っている車が前提で、初めて車検が残っていることがメリットとなり、プラス査定になります。

いずれにしろ、車を売るとなったら車検代金の元は取れないので、わざわざ車検を取ってから売却する必要はないと言う事ですね。

 

車検の残り期間と買取相場から算出したプラス査定金額

では、実際に車検が残っている車を売ると買取金額にいくらプラスされるのか?見てみましょう。

対象車両の買取相場 車検残丸2年 車検残1年~2年の間 車検残4か月~1年の間
普通車(買取相場5~30万) 2.5-4万円 2.5万円 0-2万円
普通車(買取相場30万~) 5-8万円 5万円 1-3万円
普通車(買取相場100万) 8-10万円 7万円 3-5万円
普通車(買取相場100万以上) 10万円 8万円 5万円
軽自動車(買取相場5~30万) 1.5-2.5万円 1.5-2万円 0-1.5万円
軽自動車(買取相場30万~100万) 3-5万円 3-5万円 1-4万円
軽自動車(買取相場100万以上) 5万円 3-5万円 3-5万円

買取相場(車の価値)が5万円以下の車両は、車検が残っていてもプラス査定は厳しいです。車検の残り期間が4か月以下の場合もプラス査定はありません。

 

おおよそのプラス査定金額なので、参考程度に見ていただければと思います。

軽自動車のワゴンRと大排気量のレクサスLSとでは、車検に掛かる費用が全然違うので、単純に比較できませんが、車検残によってプラス査定になる金額は、マックスでおよそ10万円です。軽自動車なら5万円位ですね。

そして、車両の価値(買取相場)によって車検残に対するプラス査定金額が変わってきます。車検の残り期間によってもプラス査定金額は変わります。

 

もし乗り換えなどで、車を売却する事は決まっているが、車検を通した後が売却のタイミングである場合は、極力費用を掛けずに車検を通しましょう。

普通に車が動く状態で、車検に通る状態であれば、オイル交換もタイヤ交換も部品交換も必要ありません。そろそろ交換時期かな?と思う部品でも交換する必要はありません。

タイヤの溝が無くて車検に通らない場合は、新品タイヤを入れずにヤフオク等で中古タイヤを安く買って交換してもらいましょう。

新品のタイヤや新品の部品に交換しても、その費用分がプラス査定にはならないので、車を売却する事が前提の車検なら、費用を掛けずに車検に通すことをおすすめします。

PAGE TOP