車査定の前の洗車は?天気は?

キズと凹みで買取金額はいくら減額される?

車を売る時にキズや凹みがあると、どの位安くなってしまうのか?気になるところだと思います。

また、「直してから売った方が買取金額が高くなる?」と思う人も居るでしょう。

実際の所どうなのか?解説していきます。

 

マイナス査定されるキズや凹みの程度は?

キズや凹みと言っても程度にもよりますね。1センチ位のエクボなのか、それともドアがボッコリへこんでいるのかでも大きな違いです。

1センチ~2センチ程度の範囲のエクボ(凹み)や、下地の鉄板まで出ていないような薄い線傷(引っかき傷)なら、1~2箇所あっても新古車でもない限り、ほとんど査定金額には影響ありません。

新車ではなくあくまで中古車なので、軽微なキズや凹みは想定内とされ、査定評価に大きな影響はありません。

反対に手のひらサイズ以上の凹みや、下地の鉄板が見えるほどの線傷なら、査定評価に大きく影響してきます。

マイナス査定により外装の評価点が下がると、実際の買取金額は減額されてしまいます。

 

評価点で査定金額が変わる

車の査定は、「キズや凹み1箇所に対してマイナス○円」と言う考え方ではなく、査定による評価点が下がると、金額も下がります。

そのキズや凹みが原因で評価点が下がれば、その分査定金額も下がる、と言うことですね。

例えば、手のひら大の凹みがあったとします。その凹みがあることにより、評価点が4.5から4.0には下がります。

マイナス0.5点分の減額となるわけですね。

実際の金額は、ベースの車の価値によって同じ評価点でも金額が当然変わります。

200万~300万円の買取相場がある中古車なら、マイナス0.5点で5~15万円程度は減額となります。

査定に影響しない程度のキズや凹みなら、評価点も変わらないので買取金額の減額もありません。

 

キズや凹みは直してから売った方が査定金額は高くなる?

では、キズや凹みは直してから売った方が高く買取ってもらえるのでしょうか?

答えは、ケースバイケースです。

手のひら大のキズや凹みが1~2箇所なら、修理しても3~4万円の出費で済みます。

キズや凹みを直して、その修理代よりも高く上乗せして車が売れれば、直す価値があると言うことですね。

修理して売るか、売らないかの線引は、100万円以上の売値がある中古車で、手のひらサイズ以上のキズや凹みが1~2箇所程度で、そこを直せば外装全体がきれいになるのであれば、修理して売った方が高く売れるでしょう。

100万円以下の売値の中古車なら、上記の条件でも修理代の元が取れないので、直さず売ってしまった方が損がありません。

 

こんな場所の傷や凹みは修理しないで売ろう

屋根や前後バンパーは傷や凹みがあっても直さずに売った方が良いです。

屋根(ルーフ)は、溶接でボディに止まっているので、その部分をいじるということは、大きな事故や修復が疑われ、直すだけで評価が大きく下がってしまいます。

例えその部分を直したことにより、ボディ全体が傷一つ無くなる場合でも、直す(塗装や交換) 事により下げる評価の方が大きくなるので、買取金額は余計に下がってしまいます。

また、前後バンパーはボディほどキズや凹みに対する評価は厳しくありません。直しても修理代の元が取れるほどのプラス査定は難しいので、10~15センチの軽いガリ傷程度なら、直さず売ってしまった方が良いでしょう。

 

PAGE TOP