車検残は車買取においてプラス査定になるのか?

車の買取で相場が上がる時期と下がる時期は?

車の買取相場は、毎年下がっていくのが基本です。

よほど希少性のある旧車やスポーツカー、納車に1年かかるような人気の新型車、特別に海外の需要がある車種などは別ですが、ほとんどの車は毎年買取相場は下がっていきます。

毎年下がっていきますが、必ずしも一定ではありません。「毎月いくら」と決まった金額が下がっていくわけではなく、多少上下に波を打ちながら車の買取相場が下がっていきます。

年間を通して買取相場が上がる時期上がらずも相場を維持する時期買取相場が下がる時期、があります。

車を売るなら買取相場が上がる時期や相場を維持する時期に売りたいですね。

 

車の買取相場が上がる時期は?

車の買取相場が上がる時期は、ズバリ1月下旬~3月初旬です。

なぜ1月下旬~3月初旬は車の買取相場が上がる?

毎年3月は、中古車の販売台数が1年の中で一番多くなる月です。

これは自動車メーカーや中古車販売会社の決算が3月なので、3月に特に売り込みに力を入れてくるからです。4月は多くの人が新生活をスタートさせるので、車を買う人が増える事もあります。

3月に中古車の販売台数を稼ごうとすると、その前の1月~2月に中古車を仕入れる訳ですね。

そうすると1月~2月の中古車の売買が活発になり、業者のオートオークションの取引も活発化します。結果業者がオークションで競る事により落札価格が高くなるため、買取相場が高くなるのです。

車買取店の決算も3月がほとんど、という事も関係しています。

3月中に車を売るなら注意が必要

3月に入ると、車の買取相場は徐々に下がっていきます。3月に中古車を仕入れても3月中に販売できなければ、4月以降の中古車の需要が落ちてしまうからです。

3月でも第一週までに売れば、中古車販売店も3月中の販売・納車に間に合うので、買取相場はそれほど落ちません。

なので1月下旬~3月上旬までの間が、車の買取相場が上昇する時期になります。

 

車の買取相場が上がらずも下がらない時期は?

買取相場が上がる上記の2月ほどではありませんが、中古車の販売が活発化して車の買取相場が下がりにくい時期があります。この時期も車を売るなら高く売りやすい時期と言えます。

夏のボーナスシーズンは車の値落ちが少ない

夏休みは車で出かけよう!と思う人は多いでしょう。夏休み前に車を買う人、車を買い替える人は多くなります。

また、夏のボーナスを充て込んで車を買う計画の人も居るでしょう。

そんな事から中古車の需要が高まり、夏のボーナスシーズンは車の買取相場は下がりにくくなります。

5月下旬~7月末までの間は、車の買取相場は維持傾向なので、車を高く売りやすい時期となります。

秋の行楽シーズンや冬の4WD需要で買取相場が底堅くなる時期

秋の行楽シーズンに向けて、車で出掛けたい人が多くなるので、秋は中古車の需要が高くなります。また、冬になると雪道に強い4WDの需要が高くなるので、SUVやRV車、4WDグレードの買取相場が強くなるのもこの時期です。

秋や冬の中古車の需要を見込んで、8月下旬~10月上旬までの間は、車の値落ちが少なく買取相場は維持される傾向です。

また、9月は自動車メーカーの中間決算期でもあるので、新車がよく売れて下取り車が増える時期です。車買取店の買取も活発になり、買取金額が期待できる時期と言えます。

 

車の買取相場が下がる時期とは?

年間で車の買取相場が上昇したり、相場が下がりにくい時期があると言う事は、反対に買取相場が下がる時期も当然あります。

基本は年間を通して少しずつ買取相場は下がっていますが、特に大きく下げてしまう時期があります。この時期は出来れば車を売らない方が、大きな損をしなくて済むでしょう。

年末の12月に車の買取相場は大きく下落する

年間で一番車の買取相場が下落する時期は12月です。この時期に車を売るのはおススメしません。

年が切り替わると、年落ちして基準の査定金額が下がってしまいます。すると車の買取相場も当然ですが下がってしまいますね。

12月は年落ち目前なので、買い取った車を年内にさばけなければ、年明けの年落ちした相場まで下がってしまいます。

このリスクを避けるために、12月は年落ちした買取相場で車を買い取るので、買取相場は下落します。

12月に車を高く売るにはどうすれば良いのか?

では、12月に車を売る場合、どうすれば高く売れるのでしょうか?

まずどうしても12月に車を売らなくてはならないのなら、出来るだけ早く売りましょう。12月も第一週までなら、買い取った車が年内に次のユーザーへ渡る可能性があるので、12月末に売るよりも買取金額は期待できます。

12月でも下旬に車を売るなら、可能であれば年明けの1月中旬以降に売った方が、高く売りやすくなります。

これは、12月に大幅に下がった車買取相場が1月に入って再び上昇するためです。毎年の傾向ですが、買取店や中古車販売店が利用する業者のオートオークションの相場が、12月に下がって1月以降に上昇するためです。

なので12月末に売るなら少し待ってから年明けに売った方が、買取金額は高くなりやすいです。

ただ、年落ちの影響を強く受けやすい輸入車は、年内に売った方が高いケースもあります。

いずれにしろ、年内にどうしても車を売らなければならない場合は、出来るだけ早く売りましょう。そして待てるなら1月中旬以降に売りましょう。

5月の連休明けも車を売るなら避けたい時期

5月の大型連休明けも車の買取相場は弱いです。連休前なら中古車の需要も高いですが、連休明けは中古車の需要は一時的に下がります。

5月の中旬から後半にかけて買取相場は盛り返してきますが、連休明け直後に車を売るのは避けた方が良いでしょう。

車を売るならラマダーンの時期を避けよう

ラマダーン(ラマダン)とはイスラム教徒が約1か月間、断食をする期間です。神様の恵みに感謝する云々・・・と意味は色々ありますが、このラマダンの時期は車の買取相場が下がるのです。

なぜラマダンの時期は車の買取相場が下がるのか?

ラマダンの時期になると、日本へ中古車の買い付けに来ていた外国人が、自分の国へ帰ってしまいます。

するとそれまで輸出相場で落札されていた中古車が、国内の相場でしか取引されなくなり、買取相場が下落してしまいます。

特にアジア諸国で需要のある、過走行の車、年式の古い車の買取相場は弱くなってしまいます。

本来、国内の相場では値段のつかない過走行の車や古い車、加えて修復歴のある車などが、輸出相場によって買取金額が付いています。

海外のバイヤーがラマダンで自国へ帰ってしまうと、、、その間の買取相場は下がってしまうと言う訳です。

ラマダンの時期は毎年決まった日にちではなく、1年弱の周期なので毎年期間はずれていきます。

ラマダンの期間は約1か月ですが、バイヤーの移動の時間もあるので前後一週間を含めて、ラマダンの時期に車を売るのを避けた方がいいでしょう。

今年のラマダンの時期はウィキペディアで確認してください。

なお輸出相場に左右されない車種や高年式、低走行の車ならラマダンの時期関係なく売却しても大丈夫です。

輸出に強い過走行や低年式のトヨタ車は、ラマダンを避けた方が良いかもしれないですね。。。

PAGE TOP