リアルタイムの中古車相場から算出した本物の車買取相場です

車を高く売るなら車買取店を本気にさせよう!

みなさんの愛車を本気で高く売ろうとすると、それなりの労力が掛かります。

車買取店やディーラーは商売なので、出来るだけ安く車を買い取ろうとします。安ければ安いほど利益が出ますからね。

反対に我々ユーザーは出来るだけ高く車を売ろうとします。

この両者の思惑が絡み合い、車買取店は簡単には車を高く買取ってくれません。営業マンはあの手この手のセールステクニックを駆使して安く買い取ろうとしてきます。

車買取業界には「一本抜き」なんて言葉があります。1台から100万円の利益を出した時に使われる言葉です。仮に200万円の買取相場がある車を、100万円でしか売れなければ大きな損失になりますよね?

しかし優秀な営業マンのセールストークにより100万円でも、「高く買取ってもらった!」と喜んで愛車を売却している人も居ます。

これは決して大げさな話ではなく、実際に普通に起こりえる話です。大手の車買取店では、この一本抜きに対して定期的に営業マンが表彰されるくらいです。

 

営業マンはほぼ毎日商談している車買取査定のプロです。この車買取のプロに対抗してさらに高い買取金額を引き出すのは容易ではありません。売ろうとしている車の買取相場が分かっていないと、営業マンのトークで簡単に安い相場観を植え付けられてしまいます。

そしてその安い相場から少し上乗せして、「今回は会社に無理言って頑張りました!これで売ってください!」となれば、「自分のために頑張ってくれてうれしいな」と人の良いユーザーなら売ってしまうでしょう。

 

一般のユーザーはせいぜい数年に1回、車を売る機会があれば多い方です。営業マンと、まともに相手にしてはとても勝てません。

まして、ただやみくもに買取店に車を査定してもらうだけでは、限界ギリギリの買取相場の上限付近の金額は出てきません。セールストークで相場観を下げられ、出来るだけ安い買取金額で話をまとめられてしまうのがオチです。

 

優秀な営業マンは、金額を上げずにお客さんの満足感を上げて成約につなげます。

まず、もっともらしい理由を並べてお客さんの相場観を下げてきます。そして、お客さんのためにこれだけ頑張って、「特別にこの金額を出しました!」とやります。

これに掛かったら本当の車買取相場を分かってないと、何も対抗できません。

 

逆にその車の本当の買取相場が分かっていれば、セールストークは全く怖くありません。営業マンをその気にさせる事ができます。

優秀な営業マンでもお客さんの満足感を上げるどころではなく、少しでも他社より早い段階でその車を買い取ろうと本気になります

本気になると言うことは、提示する買取金額も突っ込んだものになります。これが買取相場の上限付近の金額になります。

本当の車買取相場が分かっていれば、高価買取は簡単??

本当の車買取相場が分かっていれば、口下手でも緊張しいでも大丈夫です。百戦錬磨の営業マン相手に、買取相場の上限付近で愛車を売ることが可能です。

実際、当サイトの管理人は口下手で人見知りで緊張しいですが(笑)、これまで15台以上愛車を売ってきました。

2台はディーラーの方が高かったのでディーラーに下取りに出しましたが、それ以外はディーラーの下取り査定よりも高い金額で買取店に売れています。

1万でも2万でも高く売れれば、それはそれはうれしいですよね。これが30万や50万も高く売れれば、約1ヶ月分の給料に相当するので、これは本気にならざるを得ません!

実際にディーラーの査定よりも50万円以上高く売れたことがあります。

管理人の直近の例で言えば、

ホンダ エリシオン

ディーラー170万円 買取店214万円

レガシィアウトバック

ディーラー205万円 買取店228万円

BMW116i

ディーラー95万円 買取店116万円

フィットシャトルハイブリッド

ディーラー92万円 買取店108万円

ベンツEクラスセダン

ヤナセディーラー270万円 買取店320万円

ポルシェカイエン

ヤナセディーラー600万円 買取店740万円

いずれも複数のディーラー、複数の車買取店と競合して出た買取金額です。ディーラーよりも16万円~140万円!も高く売れています。

カイエンは知り合いの車で、代理で車買取店へ売りました。知り合いはベンツに乗り換えたのですが、そのままヤナセに下取りに出していたら140万円も損していたことになります。この時ばかりは、さすがにメチャメチャ感謝されました(笑)

 

愛車を高く売るには、それなりの労力がどうしても必要ですが、でも難しいか簡単かで言ったら、非常に簡単です。口下手で人見知りで緊張しいの管理人でも、簡単に出来る方法です(笑)

その方法は本当の車買取相場を知ることです。これさえ分かれば、あとは金額勝負なので、営業さんがセールストークで相場観を操作してきても怖くありません。不安になることも焦ることもありません。こちらのペースで商談ができます。

そのためには事前に準備することが必要なので、これから順を追って紹介して行きます。

少々長いですが、以下を読めば、数十万円の価値があるかもしれませんよ?(笑)

目次
車の概算の査定相場を調べる
本物の車買取相場を調べて、買取の上限金額を知る
複数の買取店に車を査定してもらい、買取相場の上限値で車を売る
車の買取店を選ぶ
買取店との商談のやり方
まとめ

取りあえず車の査定相場を調べるには?

本物の車買取相場を調べる前に、買取店の概算の買取相場を調べてみましょう。おおよその買取相場が分かれば、車の買い替えなら予算を検討できますね。

本物の車買取相場を調べる上でも参考に出来る買取金額になります。


概算価格を教えてくれる【ビッグモーター】車の無料見積もりです。買取った車を自社で直接販売できるので、余計な中間マージンが発生せずその分高価買取が可能になります。こちらのページから、サイト上ですぐに概算価格が表示されます。希望ならより詳しい概算価格を教えてくれます。

 

221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム
ガリバーのオンライン無料査定です。買取最大手のガリバーは、業界で一番多くの車両を買取る事で高価買取が可能です。買取台数№1のガリバーの概算金額を電話で教えてくれます。

 


複数の買取店に査定依頼出来るかんたん車査定ガイドです。人気の車種や売れる中古車なら複数の買取店が査定額を競い合い高価買取が可能です。45秒で簡単入力、その後すぐに買取店3店の相場が表示されます。

概算の査定金額なので、実際に査定してもらうとボディカラーや外装・内装の状態、グレードなどで金額は高くなったり安くなったりします。上記はあくまで参考の相場になっています。

ここで調べた買取店の概算の査定相場も参考にしながら、愛車の高価買取を目指します。

本物の車買取相場を調べて、買取の上限金額を知る

ここからが重要です。本物の車買取相場を調べる事で、今後の買取店との商談が俄然こちらに有利になります。

やり方は簡単です。

カーセンサーnetで売られている、愛車と同等条件の中古車販売価格から逆算して、車買取相場の上限金額を算出します。

当然中古車の販売価格よりも高くは売れないので、そこから販売店の利益、買取店の利益分を引いた金額が本物の車買取相場、つまり目標とする車買取相場の上限付近の金額となります。

 

では、モデル車両として5年落ち(記事執筆中は2011年式)の日産セレナを例に車買取相場の上限金額を算出してみましょう。

5年落ち日産 セレナ ハイウェイスター
走行距離: 51,000km
色: 白
修復歴なし

カーセンサーnetを開いて、日産の中古車ページからセレナを選択します。(画像はPC画面ですが、スマホも同様に条件を絞り込んでいきます)

 

地域は全国を選択して、「チェックした地域の中古車を検索する」ボタンをクリックします。

 

セレナの中古車ページが出るので、自分の車のグレードと同じグレードを選択しましょう。ここではハイウェイスターを選択します。

 

ハイウェイスターを選択しました。

 

グレードを絞り込んだら、さらに「年式」「走行距離」「修復歴の有無」「ボディカラー」を絞り込みます。さらに装備等で詳細に絞り込んでもいいですが、サンプル数が少なくなる場合は、価格に大きく影響する上記の項目で絞り込みます。

ミニバンは乗車人員で相場変動が大きいので、乗車人員は愛車と同じ人数で合わせましょう。

 

以上で検索すると自分のセレナと同等の中古車が全部で22台出てきました。

管理人の今までの感覚だと、10台~20台前後のサンプルがあれば、ほぼ現在の買取相場と同等の金額が算出できます。30台まであればさらに確度の高い買取相場を算出出来ますが、20台もあれば十分でしょう。

もし自分の愛車と同等の中古車が少なければ、又はさらにサンプルを取りたいなら、ボディカラーの選択を増やします。

下記を参考に愛車のボディカラーと同等の人気の色を選びましょう。

・ホワイトパール、ブラック
・パープル、ホワイト、ブラック
・シルバー、グレー、ガンメタ、ブルー、茶系
・赤、黄、ピンク、その他パステル系

ホワイトパールとブラックの相場が高いので、この2色なら同等の買取相場が算出できます。

パープル(紫)も相場は高めなので、パープル単体で台数が少なければ、白や黒を追加して算出しても良いです。ただ、白・黒よりは相場が落ちるので、気持ち相場は下げて金額を出しましょう。

その他の色は同系統の色を増やして絞り込みましょう。

 

ボディカラーを増やしても台数が少なければ、年式を1年前後広げて選択してみます。もしマイナーチェンジやフルモデルチェンジとかぶるようなら、相場がかなり変わるので、年式ではなく走行距離を広げて検索してみましょう。

 

グレードを増やす場合は、グレードによっても相場が大きく変わる車種があるので、同グレードの特別仕様車を追加したり、その反対の特別仕様車ならベースグレードを追加すれば、大きく相場が変わることはないでしょう。(車種にもよりますが)

ここまでやれば、愛車と同等の中古車がそれなりに出てくると思います。

 

その中から装備など、より愛車に近い中古車を選んで、上記の画像の赤丸にある「車体価格」をメモって、車体価格の平均を求めます。

(上記の画像にもありますが、NEXTAGE(ネクステージ)で販売されている車両は、車体価格を安くしてその分諸費用が高くなる車両です。良い悪いではなく、当サイトの買取相場を算出する方法には適さないので、出来ればこのお店の価格は除外しましょう)

 

モデル車両のセレナと同等の中古車20台の車体価格の平均を求めたら、169.6万円と出ました。

ここから中古車販売店のマージンを差し引いて、仕入れ値=買取相場の上限値を算出する訳ですが、以下の数値を参考にします。

中古車販売価格帯 軽自動車のマージン 普通車のマージン
1~100万円 10~20万円以上 10~30万円以上
100~200万円 10~20万円以上 10~30万円以上
200~300万円 20万円以上 20~30万円以上
300~500万円 -- 30~50万円以上
500万円以上 -- 50~90万円以上
輸入車は上記金額に10~20万円以上プラスされます。
不人気車・不人気色の車は長く在庫になるリスクがあるので、車種にもよりますがマージンは表の金額よりも+10万円前後多くなる傾向です(つまり買取金額が安くなります)

 

上記のマージンを車体価格の平均から差し引いて、仕入れ値=買取相場の上限値を出します。

セレナの車体価格の平均が169.6万円なので、販売店のマージンを差し引くと139.6万~159.6万円が買取相場の上限付近の価格となります。

また、ビッグモーターの概算査定が81万~163万円なので、大きくハズレてはいないでしょう。

以上を考慮して140-160万をサンプル車両の買取目標金額に設定します。

複数の買取店に車を査定してもらい、買取相場の上限値で車を売る

本当の車買取相場から、買取相場の上限付近の価格を算出したら、いよいよ買取店に実際に査定してもらい、高価買取を目指します。

買取店に査定してもらう時は愛車を手放せる時期を明確にしておく

実際に買取店に査定してもらう時は、車を手放せる時期を明確にしておいた方が、買取店も本気になって買取金額を出してくれます。

逆にまだ車を売るかどうか分からない状態では、買取店も当然目いっぱいの金額を出してきません。当然ですね。他店のたたき台にされる事を嫌がります。

また買取店は、車を売る気がないユーザーには本気の金額は出してきません。次回の商談につなげるために相場よりも高い金額を言ってみたり、逆に低い金額を言って来たりします。

 

一番のベストは「金額が合えばその場で持って行ってもらってOK」です。この状態が一番買取店のやる気が出て、頑張ってくれる状況になります。

その場は無理でも「2週間以内に引き渡しが可能」であれば、本気で査定金額を出してくれます。欲を言えば「1週間以内」がさらに本気を引き出せます(笑)管理人はほぼ1週間以内を条件に査定してもらっています。

2週間以上先になると、車の買取相場が変動するリスクがあるので、買取店は査定金額を保証できなくなります。

まあ実際には2週間以内で十分なので、2週間以内に引き渡しが可能な状態で買取店に査定してもらいましょう。

車を引き渡しても書類がそろわなければ、買取店は車を処理できません。後日用意する事がほとんどですが、契約してから1週間以内には書類を買取店へ渡すようにしましょう。車を引き渡す時と同時がベストですね。

車買取店を選ぶ

査定してもらう買取店は、上記の概算査定で依頼したガリバーやビックモーターでも良いですし、その他の買取店でも構いません。

出来れば複数の買取店(3~5社)に査定してもらう方が、より高い金額で車を売るチャンスが広がります。

 

複数の買取店の中には、中小規模の買取店を入れるのがミソです。

大手の買取店でも中小の買取店でも、買取相場の上限付近で売ることは可能ですが、中小の買取店は買取った中古車を自店舗でそのまま直接販売をするケースが大手と比べて多いので、買取金額の上限が高いケースが多々あります。

管理人の場合も、上記のフィットシャトル、ベンツEクラス、カイエンは中小規模の買取店で買取ってもらいました。当時の大手買取店は全て白旗です。共通して言えるのは、みな自社で売ると言っていました。

 

中には大手が信用できるので、大手に売りたいユーザーが居ます。そんな時、中小の買取店は信用の代わりに金額で勝負してきます。

また、大手買取店は店長や本部が最終的な買取金額にGOサインを出しますが、中小なら社長自ら査定に来る事が多いので、その場で決済が可能です。他社と競っていたり、この金額で決まると言う時は、ズバッと高値を出すケースが多いです。

あとは、大手ほど宣伝広告費を掛けていないので、その分買取金額に回すことが出来ます。

中小の買取店は、近所で探しても良いですし、下記のサイトで申し込むことが出来ます。


カーセンサー.net簡単ネット査定です。大手の買取店に加えて、地元の中小買取店が充実しています。ネットから複数の買取店へ無料査定を依頼できます。

 


カービューの愛車無料査定です。カービューも大手買取店中心に、中小の買取店を扱っています。無料で複数の買取店へ査定を依頼できます。

上記のサイトに登録されている中小の買取店なら、カーセンサーやカービューの事前審査に通った信頼できる買取店なので、安心して申し込むことが出来ます。

上記の2サイトで検索すると重複する買取店もありますが、それぞれ異なった中小の買取店が表示されるケースが多いので、それぞれの買取店を選択して査定を依頼しましょう。

 

それと、特定の買取店の金額が高いと言うのはありません。その時の車種や営業マン、時期やタイミングによって高く買取れる買取店は変わります。

思い返してみたら、管理人は全て異なった買取店へ売却してきました(笑)もちろん以前に高く買取ってもらったので、今回も査定してもらうケースはあるのですが、他の買取店に負けてしまいました。

色々なタイミングが揃って「突っ込んだ買取金額」が出るので、複数の買取店へ車を査定してもらう事が高価買取に繋がります

いよいよ車買取店と商談!

実際に車を査定してもらう時は、買取目標金額の少し上の金額を希望金額として買取店へ伝えます。

これまでの車買取相場から算出したセレナの買取目標金額は、140万~160万円でした。

買取店へ伝える希望金額は、「買取店が簡単には出せないけど、相場から大きく外れてもいない金額」がベストです(笑)

140万~160万円の買取相場の車両を「200万円が希望です!」と言っても取り合ってもくれませんので・・

これをピンポイントで出すのは難しいですが、深く考えても正解は出ないので、目標買取金額に5~15万円プラスした金額を伝えましょう。

今回のモデル車両にしているセレナでは、ビックモーターの概算価格も考慮して5万プラスして165万円としておきます。

165万円ならおそらく相場よりも高いので、「165万円で買取ります!」とはなりません。もし165万円で買取ると言って来たら、そのまま売ってしまいましょう。かなり得できる金額なのは間違いありませんので。

 

実際に買取店に査定してもらう時は、「希望買取り金額は165万円です。希望金額になればこの場で契約します」と伝えます。

買取店からは、「いつ車を引き渡せるか?」「他店に行っているか?」と聞いてくるでしょう。

引き渡しは1週間以内(もしくは2週間以内)と引き渡し可能な時期を伝えます。可能なら今日でも構いません(笑)

他店に行っているか?又は他店の査定は受けているか?には、「ディーラーで査定を受けてます」と答えましょう。

そこでディーラーはいくらか?聞いてくるので、「ディーラーでは140万円です」と目標買取金額の下限の金額を伝えます。

今の段階では、この140万円が安いのか、ちょうどの相場なのか、それとも高いのか分かりません。

ただ、ディーラーの査定金額としておけば、実際安くても買取店には「ディーラーだから安いな」と納得されるし、高くても「値引きの調整が入っているのかな?」と納得してくれます。

これで140万円がどの程度の査定金額なのか、買取店の反応を見れば分かるでしょう。

「ディーラーよりは高く出来ますよ」(まだまだ上乗せ可能)

「ディーラーにしては良い金額ですね~」(上乗せ可能だが出来ても数万円~10万円前後?)

「かなり高いですね・・おそらく新車を買うので値引き分が含まれていると思いますよ」(上乗せできるか出来ないか微妙なライン)

 

などの反応があるでしょう。この反応を見て、140万~160万円の希望金額のどの価格帯が着地点なのか?おおよその見当を付けられます。

もちろん1社よりも2社、2社よりも3社に査定してもらった方が、データが集まって理想の目標買取金額が見えてきます。最初の1社だけでは、その反応が演技(セールステクニック)かもしれませんので・・・

 

最初の買取店には、何を言われようが「165万円じゃないと売らない」と突っぱねます。こうすれば断ることが可能です。

そして2社目以降は、1社目の査定金額や営業マンの反応を見て「買取店へ伝える希望金額165万円」と「ディーラーの140万円」をよりリアルな金額へ修正して構いません。

 

1社目の査定金額が仮に150万なら、「ディーラーの140万円」を150万に修正して伝えてもいいです。

 

2社目は買取金額150万以上出せるのか出せないのか?

150万以上は出せるが、165万は出せないのか?

ではいくらなら出せるのか?

 

以上を繰り返していけば、本当の車の買取相場の上限付近が分かってきます

 

2社目だろうが、4社目だろうが、買取店には「ディーラーの査定しか受けていない 」設定で商談しましょう。

買取店は、他の買取店の金額が分かっていない方が、思い切った金額を出せます。「他の買取店に行かれる前に、決まるならその金額出しちゃおうか!?」となるのです。

逆に他の買取店の買取金額が分かると、その買取金額に対して「最小限の上乗せ」で契約に持ち込もうとします。結果、買取相場の上限まで行かずに契約となる事が多いです。

 

買取店は毎回毎回黒字の商談になる訳ではありません。中には突っ込みすぎて赤字になる商談が多々あります。

こうなると買取店は赤字でいい迷惑ですが、ユーザーは実際の買取り相場以上に高く売れてかなりお得ですね(笑)

 

そして頃合いを見て、3社目でも良いですし、5社目でも良いですし、断った1社目に電話してもいいです。

それまでの商談からはじき出した本当の希望買取金額を伝えて勝負に出ましょう。「○○万円で売ります!」と伝えます。

 

ここまで来れば、数万円の攻防になるはずです。1万円を諦めれば気持ちよく契約できるならそれで良いですし、希望金額をどうしても達成したいなら複数社に商談を持ちかけると良いでしょう。

ただ、あまり欲張りすぎない方が、自分も買取店もお互い気持よく契約出来ると思います。ここまで来ればその買取金額は安くありません。決して損は無い金額になっているはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

文章にすると長いですが、やることはシンプルです。

1.概算価格を調べる
2.中古車販売価格から本当の車買取相場を調べて、希望買取金額を設定する
3.買取店に査定してもらい、高めの希望買取金額を伝える
4.「高めの希望買取金額にならなければ売らない」の設定を守って、複数の買取店と商談して限界値を探る
5.限界値が分かったら、本当の希望金額を伝えて納得したら契約する

 

買取店に「ディーラーで査定をしている」と伝えると、買取店によっては「どこのディーラーですか?車種は?うちでも付き合いのあるディーラーがあるので紹介しますよ!値引き交渉も代わりにやりますよ!」と言ってくる事があります。

ディーラー査定が演技なら、色々突っ込まれると答えに詰まると思います。そんな時は、「会社の先輩の紹介なので」「上司の紹介なので」「嫁さんのお父さんの紹介なので」「友人の紹介なので」買うならそこに決まってます、などと言って断ればそれ以上突っ込まれないでしょう。

 

買取店との商談時ですが、営業マンも人間なので、金額を強要するような横柄なお客さんや、スマホをいじりながらいい加減に話を聞くお客さんには、いくらその車が欲しくても人を見て買取金額を頑張ってくれません。逆の立場ならそうですよね?

愛車の買取金額を引き上げてくれるのは、店長や会社に金額を掛けあってくれる営業マンです。営業マンと良好な関係を築ければ、限界の買取金額を引き出しやすくなるでしょう。

特別な事をしなくても、営業マンの話を普通に聞いて、時には世間話に付き合って、笑顔で対応すれば完璧です(笑)

それと本気の買取金額を出す時は、時間がかかります。全国のオートオークションの落札価格や輸出対象の車なら海外相場も考慮します。店長決済を超える金額なら、本部や役員決済に時間が掛かるでしょう。

中にはセールステクニックの一つで、「頑張ってる演技」をする営業さんも居ますが(笑)、赤字になるかならないかギリギリの金額になれば買取店も慎重になり、当然それなりに時間が必要です。焦らず雑談でもしながら待ちましょう。

せっかくの縁なのでお互い気持ち良く契約したいですね!

 

PAGE TOP